ベルンハルト・パルツ  Concertpianist

1979年ウィーンに生まれる。
ウィーン国立音楽大学にてA.コックス、H.オスベルガーのもとで研鑚を積み、ディプロムを満場一致の最高点で取得。 オーストリア国際室内楽音楽祭で2年連続最優秀を受賞、 スウェーデン国際デュオコンクール第三位、ブラームス国際コンクール第一位など受賞も数多い。 A.スペランツァ、C.カラエヴァ、G.クアターク、B.バルカバ等のマスタークラスを受講。 現在コンサートピアニストとして世界各国で活躍する傍ら、世界トップレベルのクラシック音楽教育で知られるウィーン・コンサヴァトリウム私立音楽大学 (旧ウィーン市立音楽院)で教鞭をとり、ウィーン音楽界の次世代を担う若手指導者としても高い評価を得ている。 Wendl&Lungピアノコンクール芸術ディレクター、審査委員長を務めるなど、後進の発掘・育成にも尽力しており、 ウィーン国際音楽ゼミナール、プラハ・ウィーン・ブタペスト音楽大学夏季国際講習会などヨーロッパ各国で開講されるマスタークラスでは大好評を博してい る。 室内楽にも積極的に取り組み、A.アレンコフ、O.シェリエ、L.カヴァコス、B.パスキエ、H.シャハム、R.ランダッハーなどと共演。
上海国際芸術祭(中国)、ユリータ音楽祭(スウェーデン)、 アポローニャ国際芸術祭(ブルガリア)、イスタンブール国際ピアノフェスティバル、サンタンデル国際芸術祭(コロンビア)、秩父国際音楽祭などに出演。
日本においても各地で演奏会やワークショップ、公開講座(相愛大学、エリザベト音楽大学、アンドビジョン公開レッスン)などで活躍中。
現在ウィーンの誇るピアノメーカー、ベーゼンドルファー社より"ベーゼンドルファー・アーティスト"として公認登録されている。

join me on

Facebook!

  • Wix Facebook page